あの楊貴妃も愛した『クコの実』

 

クコの実は、楊貴妃が美貌を保つために1日3粒飲んでいたなんて話が残っているようですね。
それだけクコの実って、健康にも美容にも良い成分が含まれているスーパーフードだとか。
シミやそばかすの効果のあるビタミンCに加えて、老化予防のポリフェノール、肌や髪を美しく保つ成分が豊富に含まれているのが魅力ですね。
クコの実だったら、数粒でこれだけの栄養が補給できるですごいです!
バランスよくご飯を食べていたとしても、なかなかこれだけの栄養素を摂取するのは難しいですね。
クコの実を数粒食べるだけでこれだけ栄養補給できるのであれば、クコの実を摂取した方が良いと思いました。
沢山の食材を購入すれば、それだけ食費もかかってしまいますしね。
費用の面から考えても、やっぱりスーパーフードの方が、コスパが良いと思います。
食費にあんまりお金をかけたくないけど、栄養には気を付けたいって言う人には、非常におススメな食材ですね。
スーパーフードは、今日本でもブームになっているので、好きな物や食べやすい物を見つけるのが大事だと思います。
種類が多いので、中には口に合わない物もあると思います。
アサイーなんかは女性にはウケが良いですが、男性はあんまり好きではないって言う人もいますからね。

 

ビフィズス菌を増やして腸を健康に

 

ビフィズス菌を増やすことというのは腸の健康を維持するうえで欠かせないものです。
ヨーグルトは身体に良い!ということは良く知られていますが、それはビフィズス菌のような善玉菌が豊富に含まれているからです。

 

ビフィズス菌というのは腸内における割合が20%だというのがベストだと言われています。
この割合が減少してしまうと腸内の環境は悪化してしまうといわれています。

 

そのため、ビフィズス菌の数が減少しないように補給することが大切です。
ただし、ビフィズス菌は腸内に入る前に胃酸などによって死滅させられてしまいます。

 

ビフィズス菌を直接補給するよりも、はやり効果的なのは今現在腸内にいる善玉菌を元気にしてあげることです。
そのために必要なのがオリゴ糖なのです。

 

オリゴ糖は善玉菌の餌となりますので、しっかりと摂取することで腸内に存在している善玉菌の働きが活発になります。
善玉菌の働きが活発になれば、より効率よく腸内環境を健康的な状態にすることができます。

 

直接摂取してもなかなか腸内に届かない善玉菌よりも、その善玉菌を元気にするオリゴ糖を摂取した方が腸内環境を正常化するうえでは効率が良い、ということをよく覚えておきましょう。

 

かかと水虫が増えている

 

かかと水虫って聞いたことありますか?
よく冬場になってしまうと、かかとがガサガサになってしまうことってありますが、それと似た症状で痒みのあんまりない『かかと水虫』というのが、最近は増えているそうです。
専門の治療薬を市販でもよく見かけるようになりました。
かかとの場合、痒みはそれほどきつくないのが特徴で、『皮がむける』とか『かかとが荒れる』というのが多いです。
乾燥によるガサガサだと勘違いして、保湿クリームを塗っていると、症状が悪化する可能性もありますので、見極めが非常に難しいと言われています。
自分ではなかなか自覚していないケースもあるので、保湿クリームを塗っても、全然改善しない場合は、一度かかと水虫を疑っても良いと思います。
水虫の場合は、専用のクリームを塗らないと、いつまでたっても改善しないので、かかとの荒れが益々ひどくなった場合は、保湿クリームの使用も止めましょう。
家族に水虫の感染者がいる場合、かなりの確率でかかとに感染している可能性があります。
かかとはこれまであまり知られていない患部でしたが、ガサガサがいつまでも直らず、絨毯の繊維にかかとのガサガサが引っかかって痛い思いをしたりすることも多いツライ病気です。

2016/01/05 20:11:05 |
アサイースムージーはお金がかかる!美容と健康のために良いと言われるアサイー。一度食べてみて、さっぱりした後味が気に入りました!しかし、アサイーボウルやスムージーで食べると、残念ながら『お金がかかる』!アサイーは単品でも食べられるかもしれませんが、私はフルーツと一緒でないと食べられません。そのため、アサイーを食べるために必ずフルーツが必要になり、そのフルーツ費用が、かなり高いので、お財布がついていけなくなってしまいました。今、イチゴって、1パック500円くらいするじゃないですか?毎日フルーツを買っていたから、それこそ月々の食費がかなり圧迫されてしまうと思いました。一人では1日で1パック食べないの...
2016/01/05 20:11:05 |
海外で腸内環境が悪化すると最悪の事態に!海外で病院にお世話になってしまうと、すごく料金が高い!なので旅行ではできるだけ病気をしないことが大事です。特に海外に行くと食べ物が変わって腸内環境が荒れるケースがあります。便秘体質の人や、ストレスを貯めやすい人は、腸内環境が荒れやすいので、やっぱり気を付ける必要があります。食べ物が変わったことで、なかなか排便できなくなってしまうと、腸内環境が悪化します。お腹にガスが貯まって、苦しい状態に!子供なんかは、ワケがわからないで、泣き出してしまうこともありますね。子供が「お腹が痛い」という時って、小さい子の場合、多くが便秘だって言います。でも、泣くほどお腹が痛い...